メインコンテンツへ飛ぶ

飲食情報

飲食情報

飲食情報

[Ctrl] + [+]:文字サイズ 大,[Ctrl] + [-]:文字サイズ 小

郷土料理

高雄の飲食文化はどんなところに特色があると思いますか?高雄にはさまざまな族群(エスニックグループ)が暮らしています。福建系漢人、客家系漢人、外省人(戦後に中国から渡ってきた人たち)、そして、原住民族などがいます。これにより、バラエティに富んだ飲食文化が形成されています。山海の珍味や新鮮な農業特産品などを用い、様々な工夫によって生み出された料理の数々。高雄は尽きることのない豊かな食文化を誇っています。

「食」は高雄にあり!変化に富んだ個性派料理をお楽しみください!

  • 美濃区

  • 美濃の客家料理

美しい正方形のテーブルと木製の椅子、そして客家(はっか)の風情が感じられる赤い花柄のカーテン。素晴らしい空間の中で、おもてなし好きの人々が代表的な料理を次々とサーブしてくれます。豚の蹄やトンソク、角煮、「客家小炒(スルメイカや豚肉、セロリなどを炒めたもの)」、「薑絲大腸(ショウガ入りホルモン炒め)」、「福菜猪肚湯(高菜とホルモン入りスープ)など、いずれも食欲を大いに刺激されます。美濃の客家料理は単に「塩辛くて酸っぱい」というだけではありません。炭火でじっくりと煮込んだキャベツや冬瓜などは、やわらかくてさわやかな甘さを誇っており、誰をも虜にしてしまいます。さらに、鮮やかな緑でサクサクとした食感の水蓮菜の炒めものもおすすめです。これは汚染されていない土地だけで食べられるもので、自慢の郷土料理となっています。また、台湾南部はフルーツの種類も数多く、シーズン中には酢で漬けたミニトマトを楽しめます。また、パイナップルに大豆を加えて酢漬けにしたタレを用い、魚や鶏を煮込んだスープもあります。甘酸っぱくて独特な風味の料理は一度食べたら忘れられない味わいです。これらは地元の食材を活かしたご当地グルメです。美濃一帯の客家集落だけで味わえる料理です。

  • 田寮区

  • 月世界の泥地鶏

月世界の悪地地形は塩分を多く含んだ土壌となっており、ここで放し飼いにされた家禽類は甘みが強く、臭味のない肉質が特色となっています。ここでは台湾で唯一の「泥火山鶏」が楽しめます。これは泥火山の泥で鶏全体を包み込み、ゆっくりと三時間かけて焼き上げ、味を染みこませたものです。こうすることで鶏肉の甘みと旨みを完全に封じ込めることができ、格別な味わいとなります。これを食べる際には木槌で豪快に泥の殻をくだきます。こういったユニークな食べ方にも注目です。また、当地の羊肉もやわらかくて臭味が感じられません。炒めても煮込んでも焼いても臭味がなく、美味しく食べられます。ぜひとも試してみたい一品です。

  • 那瑪夏区 / 桃源区

  • 原住民族料理

深い自然の中、清らかな大地に暮らす原住民族の人々。彼らは狩猟や山菜摘みを生活の糧としています。獲れたての食材は新鮮かつ野性味あふれる味わいを誇り、煩雑な調理方法を必要としません。茹でたり、焼いたりするだけで、素材本来の旨みを楽しめます。スレート板を用いた焼き肉やイノシシ肉ソーセージ、ハトの丸焼き、さわやかな甘さの野菜や果実、アワで作ったチマキ、つきたてのお餅などがあります。また、甘くて濃厚なアワ酒も忘れてはなりません。いずれの料理も原住民族の人たちの情熱を感じることができます。

  • 甲仙区

  • タロイモ料理

清らかな水と豊かな土壌に恵まれた甲仙。ここで栽培されたタロイモは香りがよく、粘り気があり、しかも、とてもやわらかいのが特色とされています。「芋粿(台湾式タロイモプディング)」や「芋圓(タロイモ団子)」、「芋頭糕(タロイモケーキ)」、さらにタロイモ入りスープやタロイモ入りかき氷、タロイモ中華菓子など、デザート系もおかず系も、タロイモを用いた料理は思わずヨダレが垂れてしまうほどの美味しさです。近年、甲仙ではタケノコとタロイモをテーマにしたイベントを開催しています。ここでは地元の農産物を用いた料理を味わうことができ、タロイモを用いた創作料理を楽しむこともできます。香り豊かでやわらかなタロイモを用いたコース料理を食べてみたいとは思いませんか。甲仙を訪れてみると、きっと驚きの連続です。決して期待を裏切られない美食体験になるはずです。

  • 岡山区 / 鳳山区

  • 軍人村料理

1949年に中華民国軍とともに台湾へ渡ってきた軍人、およびその家族が暮らす集落を「眷村」と呼びます。彼らはこの軍人村で根を張り、生活してきました。当時は決して裕福ではなく、多くの家族を養わなければなりませんでした。中国各地からやってきた軍人たちは限られた食材を用い、熟練した腕前で自分たちの故郷の味を再現しました。長い年月を経てさまざまな地方料理は融合と進化を繰り返し、独特な料理が形成されました。これらの料理にはある種の懐かしさを覚えるに違いありません。現在、こうした外省籍の軍人たちは高齢化が進み、その数は少なくなっていますが、「軍人村料理」はすでに台湾の特色ある料理の一つとして受け継がれています。

サイト訪問者数:3860
最後の日付の更新:2019-06-20 14:06:56