メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

高雄ポップミュージックセンター(愛河湾)

高雄のアジア新湾区の中心に位置し、スペインの建築チームと台湾の チームが協力して建築し、海の要素を備えた国際レベルの音...
更新日:2021-12-14
90
玩樂攻略

夕暮れの沈む夕日、夜の水面に映るライト、きらきらと光る港町が
人々を魅了します

没入型サウンドシステムが聴覚を楽しませます

クジラの堤防の展望台まで歩いて、風に吹かれて景色を楽しみ
ましょう

紹介
高雄のアジア新湾区の中心に位置し、スペインの建築チームと台湾のチームが協力して建築し、設計チームは海の要素を取り入れ、さまざまな特殊な造型の建物の外観の輪郭を描きました。また、南台湾のポップミュージックのエキシビジョンの中核であるばかりでなく、国際レベルの音楽文化のランドマークであり、ポップミュージックをハイライトとし、海洋文化を継承するミュージックレジャーの新しい拠点でもあります。
愛河灣璀璨夜景2009年に行政院が計画を承認して以来、文化部は高雄市政府に計画・設計・建設、並びに新しい形態の「行政法人」モデルで、「高雄ポップミュージックセンター」を運営することを委託しました。南台湾のポップミュージックのエキシビジョンの中核会場を作り、国内のポップミュージックの人材を育成し、業界をもり立てリンクさせました。音楽のエキシビジョン以外に、港湾の景色と組み合わせ、観光とレクリエーションの新しいフィールドを作りました。
高雄流行音樂中心與遊船愛河灣夜景
高雄「港湾」都市の印象


愛河と高雄港の海域が出会う地帯 - ここには愛河湾・高雄ポップミュージックセンターがあり、高い塔(トレブルタワー)と低い塔(バスタワー)・サンゴ礁・クジラの堤防・イルカの遊歩道・LIVE WARE HOUSEエリアに分かれています。その中のトレブル&バスタワーエリアには、トレブルタワー・バスタワー・シーブリーズプラザ・海音館(ハイインカン)が含まれ、トレブルタワー&バスタワーは、海の波の高低の起伏を前衛的で特殊なデザインで、メインスタジアムの外観デザインとして、高雄の「港湾」都市の印象とリンクさせています。海音館は4000~6000人収容できる室内パフォーマンススペースで、台湾の中規模フィールドの不足を補い、シーブリーズプラザは、約8000~10000人収容できます。


高雄流行音樂中心夜景愛河灣傍晚サンゴ礁は、サンゴ礁をイメージした商業スペースで、独立した2階建ての設計で、体験・展示・複合型商業スペースを提供できます。クジラの堤防はクジラの群れを建築のイメージとして設計しており、6棟の独立したエキシビジョンスペースとなっています。その中には、eスポーツ連合とKKBOXがすでにクジラ館の3号館と5号館に入っています。海に面した付近は、緑化を組み合わせた展望デッキで夕日や夕景が観賞でき、すぐ隣にはライトレールのウォーターフロント線の光栄埠頭駅があります。その他駐車スペースもあり、アクセスが便利で平日や休日の午後は、のんびりと散歩するのにも適しています。

イルカの遊歩道は独立した商業スペースで、全長735mの空中遊歩道がトレブル&バスタワー・サンゴ礁・クジラの堤防等施設内すべてをつないでいます。設計のコンセプトは、海面に飛び出すイルカをイメージしていて、内部の天井の高さは5mで前後に透明の床まで届く大きな窓が設置してあり、無敵の海の景色を眺めることができます。高雄港區鯨魚堤岸
南部で最強の音楽拠点、港に臨む唯一の独特のサウンドスケープ

LIVE WAREHOUSEサザンミュージックベースは、高雄初の1000人規模の専門のコンサート会場で、台湾全土で唯一の臨港倉庫音楽スペースです。演出の種類は豊富で多様性があり、ポップミュージックの人材を積極的に育成し、地域の特徴を組み合わせた独特のサウンドスケープを創り出します。駁二大義区C10に位置する小さな倉庫(230人)・大きな倉庫(1400人)、ここでは毎週ライブが公演されており、音楽ファンをひきつけ我先にと聖地を巡礼するようです。南部のポップミュージックのエネルギーを早く感じてください!
高雄流行音樂中心港區
観光スポット情報

営業時間: 日曜日:12:00 – 20:00
月曜日:休息日
火曜日:14:00 – 20:00
水曜日:14:00 – 20:00
木曜日:14:00 – 20:00
金曜日:14:00 – 20:00
土曜日:12:00 – 20:00

電話: (07)- 5218016

住所: 台湾高雄市鹽埕区真愛路1號

関連リンク: 公式サイト

アクセス方法
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
周辺観光スポット さらに観光スポット
Top