メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

大港橋

台湾で始めての水平旋回する景観橋梁で、アジアで最長の港を跨ぐ 旋回橋でもあります。駁二芸術特区と棧貳庫の2ケ所の人気ス...
更新日:2021-12-15
725
玩樂攻略

台湾で唯一!開閉ショーは必見

港エリアチェックイン人気スポット

台湾初の水平旋回景観橋梁

夕暮れ時の景色は特に魅力的です

大港橋マーケットが休日不定期に催されます

紹介
駁二芸術特区埠頭近くの大港橋は、台湾全土で初めての水平旋回景観橋梁で、アジア最長の港を跨ぐ旋回橋でもあり、3分以内に水平旋回を完了することができます。毎日午後3時に開閉ショーは行われ、金土日の夜7時にもう1回づつ追加で実施されます。橋梁は歩行者と自転車を押して歩く人も利用可能です。

純白の大港橋は、長さ110m、 幅5~11mで均等ではなく、550人と自転車が同時に通行できます。貝殻とイルカを設計のイメージとしており、流線型の外観はデザイン性に溢れています。橋の中心には展望台があり、観光客は高雄港の街のウォーターフロントの美しい景色を眺望することができます。

大港橋は高雄ライトレールの駁二大義駅の近くにあり、交通至便です。ウォーターフロントのライトレールの移動速度に合わせて、高雄ポップミュージックセンターからライトレールに乗って道中気ままに散策してみてください。大港橋マーケットが休日不定期に催され、すばらしいグルメ・パフォーマンス・クリエイティブな小物等が多くの観光の人の波をもたらします。
夜間打上燈光的大港橋
観光スポット情報
アクセス方法
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
周辺観光スポット さらに観光スポット
Top