メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

金獅湖園区

"<金獅湖> 金獅湖の元の名は「大埤」と言います。後ろに「獅山」があり、鉤型の湖面が伏せた獅子のように見えることからこ...
更新日:2018-04-19
4913
紹介
<金獅湖>
金獅湖の元の名は「大埤」と言います。後ろに「獅山」があり、鉤型の湖面が伏せた獅子のように見えることからこの名前が付けられました。湖面の面積は約11ヘクタール。湖畔には黄金色の巨大な石獅子と湖一周道路が設けられています。虫や鳥のさえずりを耳にしながら湖面に映る美しい朝焼けや夕焼けを眺めましょう。忘れられない思い出となるはずです。さらに、新しく設けられた光橋は日が暮れると、まるで長い虹が南北両岸を結んでいるかのように見えます。うっとりするような美しさです。

<金獅湖蝴蝶園区>
蝴蝶園は金獅湖風景区東側に位置します。ここでは屋外の草花や池に集まる野生の蝶を見られます。園内には二つの大型展示館があり、面積は1350坪です。内部には蝶が好む食草や蜜源植物が植えられています。小さな橋の下にはさらさらと小川が流れており、木桟道に沿って進むと、蝶が舞う静かな仙境へと入っていくことができます。また、観察箱ではサナギが蝶になる瞬間を至近距離で観察できます。

<覆鼎金保安宮>
保安宮は獅山を背に、金獅湖畔に面しています。神々しい巨大な牌楼(アーチ)を通り抜けると、華北式の三階建ての本殿が目に入ってきます。本殿の柱や梁、斗組(柱と梁の接続部からせり出している弓形の木)には精巧かつ華やかな彫刻が施されています。さらに、本殿前には九頭の龍の浮き彫りがあり、迫力満点です。本殿内には「中壇元帥(哪吒三太子)」の金像が祀られています。鐘楼と太鼓楼が両側に聳え立ち、寺廟全体は荘厳かつ優雅な雰囲気に包まれています。
観光スポット情報

営業時間: "金獅湖:24時間開放
金獅湖蝴蝶園区:毎日09:00-16:30;毎週月曜日休園。"

電話: +886-7-3108142

住所: 台湾高雄市三民区金鼎路114巷11-2号

アクセス方法
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
周辺観光スポット さらに観光スポット
Top