メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

飯田豊二記念碑(二級古蹟)

更新日:2020-03-30
4139
紹介
飯田豊二氏は静岡県出身の日本人で、日本統治時代に屏東線の責任者を務めたエンジニアです。下淡水渓鉄橋(今日の旧鉄橋)を建設した際、問題が積み重なり、過労のために亡くなりました。享年40歳でした。死後、友人たちが資金を集めて記念碑を設立し、遺墨は九曲堂駅から北100メートルのところに埋葬されました。
観光スポット情報

営業時間: 24時間開放

電話: +886-7-7995678

住所: 台湾高雄市大樹区久堂里鉄路巷15号

アクセス方法
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
周辺観光スポット さらに観光スポット
Top