メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

鳳山県旧城

鳳山県旧城は現在の左営区に位置します。ここは清国政府が台湾を統治した際に、初めて県城を築いた場所で、台湾で初めて造られた...
更新日:2020-03-30
7918
紹介
鳳山県旧城は現在の左営区に位置します。ここは清国政府が台湾を統治した際に、初めて県城を築いた場所で、台湾で初めて造られた土壁が残っています。鳳山旧城の城壁は柴山咾咕石を用いており、内部は石灰や粘土、砂で練り固められています。アーチには中国大陸から運び込まれた花崗石が用いられており、国家一級古蹟に指定されています。

北門(拱辰門):ここは勝利路、義民巷、埤仔頭街が交差する場所に位置し、完璧な構造をもつ城門です。左右に伸びた城壁が100メートルあまりあり、石は六角形に築かれています。門外の両側には「神荼」と「鬱壘」という門神の浮き彫りがあり、非常に精巧な細工となっています。

西門(奠海門) :ここは左営自助新里内に位置し、わずかに城壁の一部が残るのみです。長さは約100メートルあまり、「西門」と書かれた門額は打狗英国領事館官邸内に展示されています。

東門(鳳儀門):ここは城門が完全な状態で残っており、城壁が500メートル続き、右は永清小学校、左は海光新里に接しています。城の上には9個の雉堞(凹凸のある短い壁)と傾斜のある馬道(馬が通る道)があります。

南門:左営大路と鼓山三路の交差点に位置し、城門の「啟文門」と刻まれた石碑が昔の状態で残っています。
観光スポット情報

営業時間: 24時間開放

電話: +886-7-2225136

住所: 台湾高雄市左營区

アクセス方法
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
周辺観光スポット さらに観光スポット
Top