メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
更新日:2020-03-30
3310
紹介
古代に七つの流れ星が内門に墜落し、これらが七つの小さな盛り土となったと伝えられています。北斗七星のように並んでいることからこの名前が付けられました。人々は昔からこれらを紫竹寺の龍脈を守る場所として見なしてきました。紫竹寺の七つの盛り土にはそれぞれ高さ四メートルの七星塔が建っており、夜になると灯りがともり、遥か遠くの北斗七星と対峙します。これは内門区における特殊景観となっています。
観光スポット情報

営業時間: 24時間開放

電話: +886-7-7995678

住所: 台湾高雄市內門区台三線の傍

アクセス方法
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
周辺観光スポット さらに観光スポット
Top