メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

前鎮31期公園(集おう,竹牡蠣ランド・アート)

更新日:2018-02-13
4786
紹介
高雄前鎮は石油化学工業により急速な経済発展を遂げた。前鎮31期公園も当時は化学工場で、石油化学工業の時代をすごした。この場所が、人々とリラックスのできるカルチャーパークとなった。園内には、子供のための遊び場もあったが、2014年8月1日に発生した高雄81ガス爆発の爆音により、瞬く間に公園は平地と化し、元の活気あふれる雰囲気はなくなってしまった。
 
2015年、ガス爆発から1年が経ちランド・アートアーティストである王文志氏によって竹片5000枚、また25万個もの牡蠣の殻を用いて作られた「集おう,竹牡蠣ランド・アート」を携え公園が帰ってきた。被害の最も大きかったエリアでは牡蠣の殻と竹片を用い、復興の願いを込めて夢幻のオーシャンキャッスルが建てられた。夜にはライトが時間に合わせてお城を彩る。癒しの力は大きく、人々は座りながら談笑を楽しんでいた。静かな美しさと楽しげな笑い声がまた戻ってきたように感じた。
 
集おう,共に,未来にむかって
観光スポット情報

営業時間: 2015/10/30~(展示期間は2年間の予定),天候にかかわらず展示

電話: +886-7-3336868

住所: 台湾高雄市前鎮区Qianzhen Phase 31 Park at the infersection of Yixin 1st Rd and Guanghua 3st Rd

アクセス方法
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
周辺観光スポット さらに観光スポット
Top