メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

2022台湾デザイン展(Taiwan Design Expo) 10年ぶりに高雄で開催

発表日:2021-03-17
更新日:2021-04-14
42
2022台湾デザイン展(Taiwan Design Expo) 10年ぶりに高雄で開催
年に一度開催される大型イベント「台湾デザイン展(Taiwan Design Expo)」は、毎年異なる都市が共同主催の権利を獲得しています。高雄市政府の積極的な働きかけのもと、台湾デザイン研究院TDRIは、2022年の「台湾デザイン展」を高雄市で開催することを発表しました。高雄市の陳其邁市長は、「高雄を評価して頂いたことに感謝します。台湾全国の皆さんと、2022年台湾デザイン展でまたお会いできることを楽しみにしています。」と語りました。
高雄大港橋是知名打卡景點
高雄港灣風貌新舊融合陳市長はFacebook上でも「高雄は海洋都市であり、その都市の発展は港湾と密接なかかわりを持っています。2012年にはじめて高雄で台湾デザイン展を開催した際は、古い港をリノベーションした駁二芸術特区と都市の対話がテーマでしたが、2022年は蓬莱商港区棧庫群KW2、駁二芸術特区、高雄ミュージックセンターなど壮大な港の景色を望む高雄のウォーターフロントで、情熱と海洋をテーマにした台湾デザイン展を開催する計画です。」とコメントしました。

台湾デザイン展は10年ぶりに高雄市での開催が決定しました。2012年は「情熱のデザイン」をテーマに駁二芸術特区で開催されましが、2022年の台湾デザイン展は一体どのような展示が繰り広げられるのでしょうか?乞うご期待!
2022台灣設計展重返高雄
関連写真
  • 2022台湾デザイン展(Taiwan Design Expo) 10年ぶりに高雄で開催
Top