メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

高雄の将来性に期待 世界的なホテルチェーンが続々と進出 星付きホテルが追加投資 観光局:高雄の国際化をサポートし、多くの旅行客に訪れていただきたい

発表日:2021-11-21
更新日:2021-12-14
52
高雄の将来性に期待  世界的なホテルチェーンが続々と進出  星付きホテルが追加投資 観光局:高雄の国際化をサポートし、多くの旅行客に訪れていただきたい
世界的な有名ホテルチェーンが高雄の観光市場の将来性を見込んでいます。高雄マリオットホテルは昨年開業、インターコンチネンタル高雄ホテルも11月22日に正式オープンしました。今後はホテル・ニッコー高雄も開業予定です。高雄アンバサダーホテルは五つ星ホテルとホテル並みのサービスを提供する高級住宅にリニューアルオープンします。高雄市観光局は、「より多くの世界的ホテルチェーンの進出を歓迎している。高雄の国際化をサポートし、より多くの旅行客に足を運んでほしい」としています。

観光局によれば、「高雄は陸海空の地理的優位性から、国際都市としての条件を備えており、近年は世界的ブランドホテルチェーンが続々と進出している。2016年にはホテルインディゴ高雄、昨年は義聯集団(Eユナイテッド・グループ)の投資により高雄マリオットホテルが開業。またインターコンチネンタルホテルズグループも高雄に多大な投資を行っており、今後は承億文旅(ホテルデイプラス)高雄館、台湾初進出となるホテル・ニッコー高雄が高雄に開業予定で、国際的な観光産業の更なる発展が望める」
高雄洲際酒店外觀
インターコンチネンタル高雄ホテルは75年の歴史を持つインターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)が経営を担っています。羅嘉麒総経理は「5GやAIoTスマート都市へ転換を遂げた高雄市の将来性に期待している。イノベーティブなスマートラグジュアリーホテルとして、ブランドを代表するアールデコの装飾を施した253室の客室を提供し、国際的なラグジュアリーホテルブランドとして、世界中の皆様に驚くべき高雄の変化を感じていただきたい」と語りました。

昨年開業した高雄マリオットホテルは、新型コロナウィルス流行の落ち着きに伴い、稼働率は顕著な回復を見せており、平日は5割、週末や祝日には9割に達し、国慶節連休期間は満室となりました。高雄マリオットホテルは高雄最多の700室の客室を備えるホテルで、10店のレストラン、チャペルやパーティー会場を併設しており、結婚式や会議、展示会など用途に合わせた使用が可能で、ハイエンド市場から人気を集めています。
高雄萬豪酒店外觀
世界的な大手ホテルチェーンに対抗し、高雄で40年の歴史を持つアンバサーホテルは大陸建設、厚生(FRG)と共同で建替えを行うと発表しました。建替え後はアンバサダーホテルの看板でもあるレストランを残しながら、VIP向けのプレミアムスイートサービスを提供するほか、五つ星ホテル並みのサービスを備えた高級住宅に生まれ変わる予定です。

「ホテル・ニッコー高雄」は2023年に開業予定で、住宅とホテルを経営する複合型施設となります。ホテルにはスパ、フィットネスジム、バー、レストランなど宿泊客向けの施設が併設される予定です。投資企業は「開業後はサービスや観光・レジャー方面でこれまでにない試みを行い、高雄のエキシビション、観光産業ともに盛り上がることが期待される」と話しています。
関連写真
  • 高雄の将来性に期待  世界的なホテルチェーンが続々と進出  星付きホテルが追加投資 観光局:高雄の国際化をサポートし、多くの旅行客に訪れていただきたい
最近のニュース
Top