メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

2021-2022高雄茂林ダブルイヤー蝶鑑賞

発表日:2021-11-30
更新日:2021-12-14
49
2021-2022高雄茂林ダブルイヤー蝶鑑賞
高雄市茂林は世界でも2か所しかない越冬型蝶谷のひとつで、太平洋彼方にあるメキシコの「オオカバマダラ生物圏保護区」と並ぶ、世界でも大規模な越冬型の幽谷です。(紫蝶幽谷は特定の地名ではなく、蝶の研究者の間で用いられるルリマダラの集団越冬現象のこと。)

「紫蝶幽谷」の現象は毎年10月から翌年3月に発生し、ルリマダラの群れが大武山の荖濃渓支流の渓谷に集まり、寒さをしのぐ様子が見られます。春の訪れとともに北上するこの現象は、生物学上「集団越冬」と呼ばれ、毎年約10万~20万匹のルリマダラが茂林地区で冬を越しています。ルリマダラが太陽を浴びながら茂林の渓谷をひらひらと舞う季節には、「紫蝶幽谷」がエコツーリズムの最適なスポットとなります。

高雄茂林国家風景区は毎年、蝶鑑賞期間(11月~翌年3月)に茂林ダブルイヤー蝶鑑賞イベントを開催しています。2021-2022の高雄茂林ダブルイヤーは2021年10月から2022年2月までで、茂林国家風景管理処が一連のイベントを開催します。詳細は公式ホームページをご覧ください。

紫斑蝶
関連リンク
関連写真
最近のニュース
Top