メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

陳市長とともに旗津を遊ぶ 旗津券による地方経済の振興促進に期待

発表日:2022-03-12
更新日:2022-04-12
226
陳其邁帶頭玩旗津
コロナ禍における旗津市民の団結力と感染対策協力に感謝の意を表するため、高雄市政府は、経済振興の促進が期待される旗津券を発行しました。陳其邁(チェン・チーマイ)高雄市長は、12日、鼓山フェリー乗り場でチケット購入の行列に並んでフェリーに搭乗して旗津へ渡り、実際に旗津券を使ってみせ、旗津の楽しみ方を披露しました。また、1日販売員となって店舗で海産物の販売を行い、若者とビーチバレーの試合をするなど、実際に行動に起こして旗津を応援しました。陳市長は、旗津の観光振興のために特別に「旗津券」を発行したので、多くの人に旗津へ訪れて欲しいとしました。陳其邁市長逛旗津在地商家陳其邁市長品嚐旗津美食陳其邁市長玩沙灘排球

また、旗津は、旧正月から現在までコロナ陽性者がゼロであることを強調し、旗津に感謝の念を持って現地を訪れ、旗津住民による感染対策への協力と、コロナ陽性者がゼロになったことに感謝をしつつ、感染症学者、CDC感染対策専門家が旗津の感染防止対策に感心していること、今日の状況は人々が感染防止対策に協力してくれた結果であり、簡単なことではない、と述べました。陳其邁市長品嚐旗津小吃

また、コロナが猛威を奮っていた際の1日のフェリー搭乗者は1万人に満たないこともありましたが、「旗津券」の発行後は、1日あたり2万5千人以上の搭乗者を見込んでいるとし、旗津の店舗や商圈協会、現地の里長と協力して、観光客が旗津を訪れてたくさん買い物してくれるよう推奨しています。さらに、現在ハワイに行くのは不便なので、ぜひ旗津で美味しい物を食べて買って、砂浜の絶景や旗津灯台、砂浜、風車公園などを楽しみ、さらに海鮮、食事、イカ焼き等のグルメも楽しんでほしい、と続けました。その後、陳市長と政府機関の代表者たちが軽装で現場を訪れ、若者とビーチバレーを楽しみ、1日販売員となって店頭販売を行いました。市政府と旗津市民がともに同じ立場であることを行動で示しつつ、高雄を遊ぶなら、旗津をスタート地点とするとより楽しめる、と強調しました。旗津沙灘美景

高雄市政府は、旗津振興政策に合わせて3月25日から夏休みの8月末まで、毎週すばらしいイベントが企画されていることを発表しました。音楽イベント、ビーチスポーツ施設の設置、さらに全国ビーチバレー大会も開催されます。最も目を引く水上カーニバルのほか、グルメ・ビールフェスティバルやサンドアートフェスティバルなどの著名なイベントも次々に登場します。そして、旗津の観光をより盛り上げていくために、ビーチに打ち出された「藍眼涙(青の涙、夜光虫)」のファンタジックなシーンや人気の高かった台湾ランタンフェスティバルの作品を旗津に移動しての継続展示など、新たな旗津の景観を作り続けることで、新たな人気チェックインスポットになることが予想されます。
觀光局持續提升旗津觀光環境,夜間沙灘變身「藍眼淚」夢幻場景觀光局將2022台灣燈會副燈-「龍騰獻瑞」移至旗津廣濟宮,為當地增添觀光新亮點「未來遊燈飾-光影振幅」移至旗津豐收廣場前,猶如「星際大戰」光劍拱門
関連写真
  • 陳其邁帶頭玩旗津
Top