メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

蓮池潭児童公園にターザンロープが新登場 台湾南部最長の全長30メートルの新遊具 こどもの日の連休に!

発表日:2022-04-01
更新日:2022-05-04
15
蓮池潭兒童公園
こどもの日を迎えるにあたり、高雄市から子どもたちにプレゼントが贈られました。蓮池潭児童公園では台湾南部最長の30メートルの新たな遊具「ターザンロープ」が設置されました。4月1日には利用開始セレモニーが催され、旧城小学校の獅子舞いクラブや屏山小学校の太鼓クラブのパフォーマンスでゲストを迎え、陳麗珍氏、陳玫娟氏、李眉蓁氏、李雅慧氏、李雅芬氏、李柏毅氏、陳善慧氏、黃文志氏など左営区や楠梓区の地元市議会議員や里長らが参列し新設を祝いました。会場には子ども向けのマーケットが用意され、様々なゲームや大きな城を模したエア遊具に子ども達は大はしゃぎの様子でした。 
小朋友搶先體驗溜索樂園 
周玲妏局長は左営区の蓮池潭の有名な観光スポットであり、その東北に位置する児童公園は高雄市政府観光局が始めて手掛けたインクルーシブ公園で、総面積は約3.7ヘクタールで6歳から12歳向けの多機能な施設を子どもだけでなく、親子で使い楽しんで貰うことが目標だと話しました。公園の歩道そばには、公衆トイレや手洗い場が設けられているほか、鳥の巣のようなブランコやカラフルな土管型の遊具や平均台、高さ6メートルのザイルクライミングや巨大砂場、伝声管など様々な特色ある遊具が揃っており、今後も公園の地形を活かし、様々な最新遊具を設置し、台湾有数の特色ある公園を創り上げる予定だそう。 
 多位左楠區在地議員和里長,小朋友一起慶祝蓮潭溜索樂園開幕観光局は遊具にバリエーションを持たせるため、この度ターザンロープを新設したといいます。全長30メートルのターザンロープは台湾南部最長であり、既存の遊具と組み合わせて連続性を持って遊ぶ事ができるそう。このように蓮池潭児童公園は多様性のある動線がループ状につなぐプレイグラウンドにバージョンアップしました。蓮池潭児童公園は蓮池潭の湖岸から高鉄営駅を繋ぐ好立地で、インクルーシブ公園の遊具を増設して以来、週末になると多くの親子連れでに賑わっています。また龍虎塔や孔子廟、左営旧城エリアのグルメなど周辺の観光スポットにも相乗効果を生み出しています。賑わいを繋げています。
 小朋友搶先體驗溜索樂園
このセレモニーではこどもの日を祝うため、観光局が特別に子ども向けのマーケットを準備し、子ども達の大好きな雞蛋糕(ベビーカステラ)やクレープ、ヤクルト、ラムネ、バルーンアートなどが用意されました。多くの子ども達は放課後に保護者に連れられ、いち早く新設されたターザンロープを楽しみました。子ども達は「楽しかった」と口をそろえ、週末にもまた遊びに来たいと答えていました。観光局によれば、今年の清明節およびこどもの日の四連休には毎日10時から18時まで公園内に城を模したエア遊具を設置し、新設遊具と共に子ども達が一日中遊べるようになっているそうです。ぜひ子ども達を連れておもいきり遊びに来て下さい。最新情報は高雄トラベルネットをご覧ください。
関連写真
Top