メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

高雄蓮潭ランタンフェスティバルがアメリカのMuse Design Awardsで2つの賞を受賞

発表日:2023-03-13
更新日:2023-04-25
285
高雄蓮潭ランタンフェスティバルがアメリカのMuse Design Awardsで2つの賞を受賞
2023高雄蓮潭ランタンフェスティバルに朗報!高雄市政府は、蓮潭ランタンフェスティバルについて、2023アメリカ「MUSE Design Awards」の「Lighting Design - Art/ Interior & Exterior Lighting(照明デザイン)」部門の最高賞である「プラチナ賞」および「MUSE Creative Awards」の「Event - Cultural Event(文化活動)」部門で「金賞」を受賞しました。高雄市政府観光局の高閔琳局長は、国際的なアワードの受賞に感謝し、次のように述べています。今年の高雄蓮潭ランタンフェスティバルは、「もっとローカルに、もっとグローバルに」をテーマに、マクロ戦略のコンセプトに基づいたさまざまな初の試みがなされました。インターネットでの口コミが台湾1位になったほか、世界中のエントリー作品の中でも特に際立っており、「光」と地域の文化の物語を通じて国内外の人々に高雄の美しさが紹介されました。
7.蓮潭燈會水上燈飾作品萌兔隊長-ㄇㄚˊ幾吸引大批民眾拍照
2015年に創設されたMUSE Awardsは、長い歴史を持つアメリカ国際デザイン賞協会(IAA)が主催しています。MUSE Design AwardsとMUSE Creative Awardsの2部門に分かれており、世界のクリエイティブデザイン分野において最も影響力のある賞の一つとなっています。アワードでは質感、創造性、デザインのインスピレーションの実現が奨励されており、世界中からデザイン分野のプロがエントリーしています。今年の2023高雄ランタンフェスティバルは、地域のランタンフェスティバルに回帰し、初めて蓮池潭風景区に場所を移して開催されました。「もっとローカルに、もっとグローバルに」をテーマに、ユニークな景観と水辺の風景、地域に深く根付く宗教文化と歴史的背景を組み合わせ、台湾の雰囲気が色濃く感じられる地域のランタンフェスティバルを作り出しました。インターネットの口コミが台湾1位になったほか、11日間で200万人以上の来場者を記録し、高雄市の観光産業と地域の商圏に30億新台湾ドル以上の経済効果をもたらしました。素晴らしい内容が人々から高い評価を得たほか、このたび、アメリカMUSE AwardsのLighting Design - Art/ Interior & Exterior Lighting(照明デザイン)部門でプラチナ賞、MUSE Creative AwardsのEvent - Cultural Event(文化活動)で金賞を受賞したという朗報がありました。
5.光舞蓮潭燈光展演-以五里亭為視角拍攝
高閔琳観光局長は次のように述べています。蓮池潭のそばには多くの寺院があり、周囲の龍虎塔、春秋閣、九曲橋など古風な建築物は、CNNで「高雄を愛する10の理由」に挙げられたこともあり、東洋の神秘的な色彩を放っています。ランタンフェスティバルでは、世界的に評価されている寺院建築のデザインをメインランタンに取り入れ、現代の照明技術と音楽を組み合わせた光のショー「光舞蓮潭」で、時代を超えた視覚と聴覚の体験を作り出しました。さらに、蓮池潭を取り囲む寺院のライトアップと地域の民俗芸陣のパフォーマンスを組み合わせ、宗教、信仰、伝統文化が色濃く融合した台湾の雰囲気と高雄ならではの特徴を表現したことで、光栄にもMUSE Creative AwardsのEvent - Cultural Event(文化活動)で金賞を受賞できました。今回のランタンフェスティバルは、民俗芸陣、伝統的な歌仔戯(台湾オペラ)、皮影戯(影絵)、掌中劇(人形劇)など、地域の寺院、宗教、信仰、伝統文化を組み合わせた豊かなパフォーマンス、本市の重要無形文化財保持者である「呂柏達涼傘団」、フランス・ニースのカーニバルでパフォーマンスを披露した高雄の光「地嶽殿吉勝堂八家将」、「旧城十二婆姐陣」、内門「振宗芸術団」の電音三太子、民俗体育の常勝軍「高雄両広龍獅戦鼓団」の獅陣など、さまざまな芸陣が披露されました。また、「明園天字戯劇団」、「錦五洲掌中劇団」、「天宏園掌中劇団」、「金鷹閣電視木偶劇団」、「錦飛鳳傀儡戯劇団」、「高雄皮影戯劇団」、「東華皮影劇団」、「永興楽皮影劇団」など、本市の伝統的かつ優れた劇団が各寺院において交代でさまざまな演劇を披露しました。
8.高雄蓮潭燈會以廟埕藝陣展演打造史上最濃台灣味燈會。
このほか、観光局は国内のコンサートで名を馳せる照明デザイナーの陳威苑氏をライティングディレクターとして特別に招き、「光舞蓮潭」(Light dances on Lotus Pond)という作品を制作し、最高賞を受賞しました。陳威苑氏は次のように述べています。蓮池潭には独特な景観と水辺の風景があり、台湾で最も寺院が密集している場所でもあります。その中で最も有名なのが龍虎塔、春秋閣五里亭、玄天上帝、孔子廟です。今回のランタンフェスティバルでは東洋文化を代表する中国式の建物と神像を選び、360度全方位で死角のない照明デザインを施し、テクノロジーによる光線と伝統的な寺院建築を組み合わせました。きらびやかな照明と寺院の要素、若い世代の踊るような音楽のリズム、東洋と西洋の文化、伝統と現代の融合により、台湾文化の多様性と包摂的な精神を表現しています。陳威苑氏は、今回の「光舞蓮潭」の照明デザインにおける最大の課題は、寺院建築のラインを照明で描く方法で、最高の光のショーを実現するため、何度もスパイダーマンのように玄天上帝の像に登って照明を設置したことを明かしています。それにより、来場者は湖の周りのさまざまな角度から、幾重にも重なる光の饗宴を楽しむことができました。
2.光舞蓮潭燈光展演-以春秋閣為視角拍攝
また、今年の2023蓮潭ランタンフェスティバルでは、高雄の人気アーティスト4名を招待し、ウサギの人気スタンプ「まちこ」のクリエイターであるYUKIJI(雪路)氏による高さ18メートルの「萌兎隊長-まちこ」、「反転文字」で有名なデザイナーの林国慶氏や人気スポット「鼓山魚市場」のデザイナーの張超倫氏による作品が制作されました。ランタンフェスティバルのメインビジュアルには、ドイツのレッド・ドット デザイン賞を受賞した林士揚氏を招き、高雄の芸術文化のエネルギーを熱く輝かせました。
9.高雄蓮潭燈會以廟埕藝陣展演打造史上最濃台灣味燈會。
2023高雄蓮潭ランタンフェスティバルは、照明の美学を融合させたランドアートで従来の元宵節の固定観念を打ち破り、合計13組のランタン、66会場での民俗芸陣、ストリートパフォーマーの公演により、ランタンの美しさのほか、蓮池潭独特の文化を発見できるようになっていました。史上最も「活気に満ちた高雄魂」と「色濃い台湾の雰囲気」が感じられるランタンフェスティバルを国内外の人々に届けました。11日間の開催期間で200万人以上の来場者を記録し、約30億新台湾ドルの経済効果を生み出しました。来場者全体の40%以上が他県・他市からで、周辺の客室稼働率は80%を超えました。商圏の売上は30~40%伸び、来客数も約50~60%増加しました。お土産の売上高は史上最高となり、屋台の売上も倍増し、周囲の商圏の店舗や観光業に経済効果をもたらすことに成功しました。
関連写真
Top