メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

『ミシュランガイド』最新版が5月に発表 高雄観光局と手を取り合って3店舗が新規掲載

発表日:2023-06-25
更新日:2023-06-27
466
『ミシュランガイド』最新版が5月に発表 高雄観光局と手を取り合って3店舗が新規掲載
2023年版『ミシュランガイド台北、台中、台南&高雄』が10日に発表され、5月の新掲載8店舗リストに、高雄からは3軒がランクイン。今年の新規掲載レストランは9店舗で、その新規掲載数は台湾一となりました。陳其邁高雄市長は、「高雄は土地が広く物が豊富です。美食も数えきれないほどあります。各地区の素晴らしい風土食材をシェフの見事な手腕で料理された垂涎の的のグルメがミシュラン審査員の目に留まり、世界から認められた高雄の美食に新しいページが加わりました。国内外の美食家の皆様、朝から晩まで皆様の食欲を必ず満足させることのできる高雄をぜひいらしてください」と述べました。

高閔琳観光局長は、今月追加された店舗の内3軒は、かつて「2023ミシュランガイドをつかめ!攻略・情報共有会」と「高雄トレー発見計画マップ」、「毎日高雄を食べる366」など観光局にて開催されたグルメイベントにそれぞれ参加しており、観光局もミシュランガイド掲載店を予想し、高雄グルメを世界へと連れていくことができました。観光局は、今回の掲載店舗を祝福し、今後も多くのレストランと手を取り合って精進するとともに、より多くの店舗が2023年版ミシュランガイドに掲載されるよう協力し、高雄のグルメ観光をより輝かせていきます、と説明しました。

新規掲載された岡山区「温度剤」は、今年4月に観光局が開催した「2023ミシュランガイドをつかめ!攻略・情報共有会」に参加し、5月に掲載を果たし、その「滷虱目魚肚飯(ミルクフィッシュ煮込みかけご飯)」が推薦されました。自ら塩水養殖したミルクフィッシュに、中華の黑豆鼓と日本の蒲焼きの作り方で煮込み完成です。李宥均オーナーは、「私の故郷である高雄岡山のために尽くせることを大変嬉しく思います。応援してくれた親友やお客様に感謝します。当店は、仕事終わりにリラックスして食べられる美味しい小料理を提供したいと思っています。店内は大きくありませんが、ここでは素晴らしい食事を楽しむ雰囲気を味わっていただけることでしょう。これからも皆様のためにいつも美味しい食事体験を提供できるようがんばります。」と述べました。
圖說二:岡山區溫度劑餐廳入選餐點滷虱目魚肚飯(照片由「溫度劑」提供)#001
新興区にある「沐MU」は、観光局の「高雄トレー発見計画マップ」イベントに参加した店舗の一つです。グルメの実力は折り紙付きで、掲載前にすでに多くのブロガーや作家に紹介されていました。メニューは定期的に更新され、現地の漢方薬剤や香辛料に台湾料理、客家料理、原住民料理の要素を取り入れ、唯一無二の風味のある料理が食べられます。楊彦希オーナーシェフは、「応援いただきありがとうございます。そして、長らくご心配をおかけいたしました。MUの進む道が独自の道を切り開くことを時間が証明してくれました。様々な料理を融合した手法、重なる風味、香り、食感など様々な要素を組合せ、深い味わいも感じられます。」と述べました。
圖說四:新興區沐餐廳菜色(照片由「沐」提供)#001
鼓山区の「貳哥食堂」は、かつて観光局の「毎日高雄を食べる366」イベントに選出された店舗の一つで、看板メニューは「化骨醤焼秋刀魚(サンマのやわらか醤油煮込み)」です。魚の骨を綿あめのように柔らかく煮込んで、香り高い甘いソースがかかっていて、ご飯によく合います。李坤源シェフは、「レストランの最も偉大な殿堂であるミシュランガイドに掲載されるなんて、これまで思いもよりませんでした!飲食店の殿堂であるがゆえに、さらなるプレッシャーが両肩にのしかかってきます。お客様に出す品質と今後の食材管理をより厳しい目線で確認する必要があります。そして、消費者の皆様により優れた高雄グルメを提供したいです」と述べました。グルメブロガーの「班班美食生活圏」は、「シェフはとても心を込めて料理を作っていて、火加減や調味も完璧で、訪れる価値があります。」と推薦しています。
圖說六:鼓山區貳哥食堂入選餐點「化骨醬燒秋刀魚」#001
観光局は、高雄のグルメは実力十分、様々な飲食文化が融合し、独自の魅力的な風味をたくさん生み出しています。国内外の美食家も愛してやまない、高雄の美食潜在能力で、将来的にはさらに多くの店が『ミシュランガイド』に掲載されるよう、観光局も飲食業者と継続的に手を取り合ってグルメマーケティング活動を行い、より多くの高雄グルメを国際舞台に推し出していく、としました。この他のグルメ情報は高雄トラベルネットをご覧ください。
関連写真
Top