メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

コロナ後のレジャー旅行の新トレンド 山も海も川も港も!高雄スポーツ観光がアツい

発表日:2023-06-25
更新日:2023-06-27
375
コロナ後のレジャー旅行の新トレンド 山も海も川も港も!高雄スポーツ観光がアツい
コロナ後に外出したい、と望む人々は、レジャースポーツをより重視するようになったため、スポーツ要素のある観光旅行が新しい人気傾向にあります。高閔琳高雄市観光局長は、高雄市政府では最近、多様なスポーツ観光イベントを積極的に推し広めており、様々な方法で山、海、川、港の魅力をもつ高雄を感じることができます。刺激を求める人、屋外でゆったりすごすアウトドアを愛する人も、自分の好きな方法でサイクリング、ウォータースポーツ(サーフィン、パドルボート、カヌー、ウェイクボードなど)や登山、ハイキングなどの探検アクティビティーで高雄を知り、体験してください、と述べました。

また、行政院の2050年二酸化炭素実質排出量ゼロ目標に合わせて、サステナブルかつ低炭素な旅行が一番人気となっています。サイクリング旅行は、現在最も人気のある都市型体験アクティビティーの一つです。借りるのも返すのも便利なU-Bikeに乗って、自分だけのスピードで高雄各地の風景を楽しんでほしい、とも話しています。線路の地下化により、全長15.37kmの百年鉄道は緑園道となりました。都会の中で自転車に乗って風を感じられるポイントです。観光局では、各エリアの特徴に合わせた、複数エリアにかかるサイクリングコースも計画しています。最も人気なのは、やはり愛河亜湾と蓮池潭風景区です。サイクリングの中で沿路の景色を楽しめるだけでなく、小道に隠れた美食を楽しみながら、国際大賞を受賞した都市の景観建築と色濃い芸術文化に宗教、歴史の雰囲気を感じることができます。今年、高雄では初めて『乗風而騎(風とともに乗る)』サイクリングイベントが5月13日に岡山から始まります。そして、美しく革新的な『2023籮筐小趕集』で、この 200 年の内で最もおしゃれな編み細工工芸文化を体験できます。
圖2、左營蓮池潭景色優美,環湖自行車道也受廣大民眾喜愛#001
高局長はさらに、ウォーターアクティビティが好きなら、愛河のウォーターアクティビティ、蓮池ウェイクボードパーク、旗津海水浴場も高雄のウォータースポーツ観光の見どころの一つだとしました。中央政府の「向海致敬(海に敬意を)」と高雄市政府の「還河於民(河川を市民に返す)」という政策を確実に実行するため、2020年から愛河の水域の一部が続々と開放されています。愛河の旧鉄橋(ライトレール橋)から愛河之心までが全長5.7kmの川道となっていて、QRコードをスキャンして実名登録をすると、すぐにパドルボート(SUP)やカヌー、ラフティングボートなどの手漕ぎボートや、水上サイクリング、ウィンドサーフィンなどのウォーターアクティビティが楽しめます。2021年3月31日からは、愛河湾手動ウォーターレジャーアクティビティエリア(ライトレール橋の近く、亜湾区東側の珊瑚礁群建築付近)が開放され、前述の水上レジャーアクティビティ道具を携帯し、必要な救命胴衣を着用して、QRコードをスキャンして実名登録を行えば、すぐに水上アクティビティが楽しめます。情熱的な高雄に一足先に訪れた夏のために、今すぐウォータースポーツの準備をしましょう!
圖3、愛河還河於民,民眾體驗SUP活動#001
そして、4月初めにオープンした旗津海水浴場には、備え付けのシャワーと更衣室設備があり、波遊びの最有力候補です。旗津でサーフィンショップを経営している鄭オーナーによると、旗津の波は比較的小型で、初心者の練習に最適の場所ということです。いつも、南部のサーファーがここで水遊びやサーフィンをしています。また、エクストリームスポーツを好む人や水遊びを楽しみたい人々は、蓮池潭にある台湾初の国際規格のウェイクボード場で、風に乗り波を切る快感を味わうこともできます。この他にも、蓮潭ウェイクパークには「キッズ親子館」も併設され、未就学の小さなお子様向けのレジャー空間があります。リニューアルされた屋内インフィニティプールには屋内親子コースもあり、大人も子供も楽しめる快適環境となりました。

高局長はまた、「郊外でハイキングや自然風景を楽しみたい人々向けに、高雄にはたくさんの親子ハイキングコースがあり、柴山歩道、半屏山自然公園、田寮大崗山歩道、月世界地景歩道、大社観音山歩道、弥陀漯底山歩道など、いずれもフォトンチッドを充分に感じられる場所となっています。この他、六亀の宝来花賞温泉公園周辺には浦来渓頭社戦道があり、ハイキング後にこの公園で足湯を楽しみながら花を眺めることもできます。園内にはアスレチック施設もあり、高所での挑戦と冒険を楽しむことも。ぜひ皆様も山の中で「森呼吸」をして、大自然ならではの旅行の思い出を作ってください。」と述べました。
圖11、六龜寶來花賞溫泉公園城市探險體驗活動#001
観光局は、コロナ以降、低炭素のサステナブルな屋外旅行がトレンドとなっており、スポーツを兼ねた観光旅行も一番人気である、と指摘し、様々なスポーツ体験の中で、サイクリングやウォーターアクティビティー、都市散策など、様々な刺激や挑戦のレベルに応じて、自分に合った方法で高雄の街の魅力を感じてほしい、としています。より多くのイベント情報は、「高雄トラベルネット」または「高雄乗風而騎(風とともに乗る)」のFacebookページからご覧ください。
関連写真
Top